Toptube Video Search Engine



Title:化石発掘も頭骨組み立てもできる“新施設” 1カ月に20万人来館の魅力を探る…福井県立恐竜博物館
Duration:08:51
Viewed:1,147
Published:08-09-2023
Source:Youtube

7先月のリニューアルオープン後、ひと月の来館者が20万人を超える人気スポット福井県立恐竜博物館から中継です。館内には新たに体験メニューも設けられました。現場から牛田和希アナウンサーに伝えてもらいます。福井県の山あい、勝山市に来ています。 上空から見たら、屋根が恐竜のタマゴのように見えるのが特徴の一つです。そして先月にオープンした新館に入ると新しいところだらけなんです。「化石研究室」というところに向かって進んでいるんですけども、入り口には、実際の発掘作業で使われている道具など飾られています。これは恐竜ファンにとってたまらないですね。ここからは、リニューアルに合わせて新たに設けられた博物館の探究・体験課の宮田和周課長にお付き合いいただきます。Q.ここで体験できることは? 宮田課長「恐竜の頭骨を組み立てること、化石のクリーニング、そしてCTのデータで化石のなかを調べるという3つの体験ができます」Q,恐竜の頭骨を組み立てるとは? 宮田課長「ティラノサウルスの頭骨を組み立てます。」Q.パズルのように組み立てる? 宮田課長「35ある骨のパーツをひとつひとつ組み上げていきます。小学生以上ならだれでも参加できます」きょうは化石のクリーニングを体験します。 専門の道具で石を削り、中に入っている化石のレプリカを取り出すものです。ペンを持つように持つ専門の道具は結構勢いがよく、小刻みな振動を感じます。実際に削ってみると、まるで研究者になったような気分になります。Q.どれくらい時間がかかる? 宮田課長「大体20分かかります」番組が終わってしまいますね。先が長そうなので新しくなった恐竜博物館の中身を VTRで紹介します。 最新の学説に合わせたリニューアル…“本物”へのこだわり 新館のオープンに合わせてリニューアルした本館の常設展示場では、これまで44体あった骨格標本が50体に増え、アジア最大の肉食恐竜、タルボサウルスの標本は、より躍動感ある姿に様変わりました。 牛田アナウンサー 「子どもたちに大人気のティラノサウルスもリニューアルに合わせて少し変わっているんですね。例えば口を閉じている時。これまでは歯が見えていましたが、今は見えません。こうして、最新の研究に合わせて細かいところが変わっているんです」常設展示場の中央にはティラノサウルスのロボットが。7メートルを超える巨体が雄たけびを上げながら動く姿に圧倒されます。その動きは最新の学説に基づいてより精巧に再現されています。そして、日本で初公開され話題なのが、7700万年前の「恐竜のミイラの化石」です。生きていた状態に近い形とあって、ウロコなど皮膚の痕跡がはっきり残っています。博物館近くの発掘場からは今も様々な化石が見つかっています。本館では発掘された本物の化石を職員らが丁寧に削り出すクリーニング作業も間近で見ることができます。さらに、新館の特別展示室には…牛田アナウンサー 「迫力がすごい!あそこでは恐竜が戦っています!」高さ9メートル、幅16メートルのスクリーンが3面並ぶ巨大シアターに映るのは、約1億2千万年前の福井の姿。前期白亜紀の様子がCGで再現されてれます。リアル感を体験できるとあって、この夏休み中は福井県内だけでなく全国から多くの人が訪れています。先月リニューアルオープンして以降、来館者は1か月で20万人を超える人気ぶりで、きょうも多くの親子連れらが訪れていました。福井県立恐竜博物館では、引き続き牛田アナウンサーが 恐竜化石のレプリカの発掘に挑戦していますが… 作業開始から5分で見えてきたものは… だいぶ頑張って掘り進めてきたんですが、ようやく化石が見えてきました。肉食恐竜の歯のレプリカです。傷つけないように削っていくのは難しいです。見えてきても傷つけてはいけないのでより集中力が要ります。博物館の探究・体験課の宮田和周課長に伺います。Q.掘り出すうえで大事なことは? 宮田課長「掘り出すことは簡単だが、掘り出す道具の刃先を化石に当てないというのが一番難しい。化石を掘り出す専用の道具なので、普通では触れない道具です」Q.掘り出すとどうなる? 宮田課長「石を残すこともできますし、全部取り出すこともできます。実際に福井から見つかっている肉食恐竜の歯のレプリカで、掘った後は持ち帰れます。」Q.予約が必要? 宮田課長「事前予約が一番いい。土日や休日はチケットがほぼ完売している。朝は9時20分から始まり、平日は4回行っていますが、休日などの繁忙期は5回行っています。ここはテーブルがあるように、ファミリーで楽しめる場所になっているので家族で来るとか、カップルで来るとか、十分楽しめます。」見るだけでなく体験できるようになった、リニューアルされたばかりの恐竜博物館。ぜひ遊びに来てください。               詳細は NEWS DIG でも!↓ https://newsdig.tbs.co.jp/articles/mro/697771



SHARE TO YOUR FRIENDS


Download Server 1


DOWNLOAD MP4

Download Server 2


DOWNLOAD MP4

Alternative Download :