Toptube Video Search Engine



Title:僕の内定先と、専修大学でも就活に失敗しない方法について|23卒就活大学生
Duration:08:21
Viewed:41,991
Published:26-01-2023
Source:Youtube

【関連動画】 【23卒新卒】専修大学を卒業した社会人のリアル https://youtu.be/rlVkPE2nFUE 人生を考える学校を卒業した専大生による自己分析。 https://youtu.be/zN012dGBue4 【自己PR】 結論→根拠2つを簡単に→貴社でも大切にします。 ※分かりやすさ重視なので、添削後にフォーマットからずれていても良いかと思います。 私は【泥臭く挑戦し結果にこだわる】人間です。 根拠は2つあります。 1つ目は私が結果を出せなかった主将だからです。 高校ハンドボール部の主将だった私は、関東大会出場のため誰よりも練習し、誰よりもハンドボールを愛しました。 しかし、関東大会には出場できず、選抜の主将としても10年連続勝利を逃しました。 そのため、大学では勝つためにどうすれば良いかを考え抜き、 結果として、創部史上初の2部残留を達成することができました。 2つ目は長期インターン先で学生史上初の企業サイトリニューアルに挑戦したことです。 学生初の試みかつ、2ヶ月という期間の中で、コーポレートサイトのリニューアルは時間的にも技術的にも厳しく、期限まで残り2週間というところで完了していた開発は全体の半分でした。そこで私は2つの施策を行い、結果として、期日までに仕事を終えることができました。 私は自分の能力に自信があるのではありません。泥臭く挑戦できる自分の可能性に自信があります。 この思いは貴社で働く中でも大切にしていきます。 【ガクチカ】 結論→原因分析→課題→施策1+施策2→結論→学び ※分かりやすさ重視なので、添削後にフォーマットからずれていても良いかと思います。 大学のハンドボール部で関東リーグ2部昇格を目指したことです。私が入部した際は4部リーグに属しており、試合に勝てない大きな原因はゴールキーパー(GK)の実力不足だと考えられていました。しかし私はGKとして試合に参加する中で、試合になるとGKが緊張で実力を出せていないこと、GKが失点の責任を全て負うため、誰のミスかが曖昧であることが試合で勝てない原因だとわかりました。課題解決のため、GKの自主交代制度を導入し、自らが進んでミスを指摘しました。結果、創部史上初の2部昇格を達成しました。私はこの本質を見抜こうとする力とそれを解決する行動力を活かし、貴社では、顧客の本質的な課題を発見し、解決に導きます。 【志望理由】 ①実現したい夢 ②①を抱いたきっかけ、背景 ③①を貴社で実現できる理由(企業によって異なる) ④貴社で①を実現する上で想定される困難(企業によって異なる) ⑤④を自分が乗り越えられる根拠(=活躍理由、自分を採用するメリット) 私は仕事を通して、目標に向け努力する人の【夢中・熱中を実現】したいです。私が中学生の頃に、その時の部長が体を痛めながら勝ちにこだわる姿勢を見て、努力する人を全力で実現したいと思うようになりました。 (企業によって異なることに加え、諸事情により中略) 本質的な課題を解決することで顧客【夢中・熱中を実現】します。



SHARE TO YOUR FRIENDS


Download Server 1


DOWNLOAD MP4

Download Server 2


DOWNLOAD MP4

Alternative Download :